京都酔眼紀行 石丸商店

南北に平行している木屋町と先斗町にはそれぞれの通りを繋ぐ「通り抜け」という通路が何本かありまして、その13番通路の中程に、私が学生の頃から散々お世話になっていた「楽」というお店がありました。
当時、「フフーン」などとのんきに鼻歌なんぞを歌いながらマスターが肉を焼いていた姿を今でも思い出しますが、この店の酒のラインナップはWHITEと剣菱のみ。水割りの水は水道水。一応焼き肉屋でしたので、「マスター、ロース。」とか何とかオーダーしようものなら、「今日はない。ロースもカルビもいっしょや。カルビにしとき。」とメガネの奥から細い目でじろりとにらまれる。とにかく客のわがままを一切排したあっぱれなお店でありました。
何はともあれ、この店は知る人ぞ知る名物店でして、金のない私のようなビンボー学生から、舞妓さん、大学教授、学園闘争に明け暮れる活動家の残党などなど、当時は常に大変幅広い層のお客から支持を集めていまして、十数年前に閉店したときは、名残を惜しむ客でごった返すわ、京都新聞の記事になるわの大事件でありました。
それから月日が流れ、十年前に私が懐かしがって「楽」のあった13番通路に立ち寄ったら、居抜きで若いマスターが「石丸商店」という新しい店を開店しておりました。で、今回はその「石丸商店」がその後どうなっているんだろう?とちょいと気になってのぞいてきたわけです。
d0351122_21115513.jpg
そしたら!狭い店内は外国人だらけぢゃあーりませんか。日本人はマスターと私たち4人だけ。あとは全員外国人。無国籍な言語と大きな笑い声のカオスに一体ここはどこの国かと。(笑)
d0351122_21115831.jpg
マスターによれば、いつの間にか外国人観光客のたまり場になったそうで、意図してこうなったのではないとのことでした。



石丸商店
住所 京都市中京区 木屋町 通四条上る13番地路地東入
電話 075-213-0966
営業時間 18:00~翌6:00
定休日無休

[PR]
トラックバックURL : http://border72.exblog.jp/tb/26085310
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by G7_2007 at 2017-11-06 23:39
お〜、今度来られたら、ぜひご一緒したいところです!!
Commented by border72 at 2017-11-07 05:26
G7さん
あはは、今度一緒に行きましょうか。(^^)
ただし、混沌の中でっせ。
おもろいけど全く落ち着いて飲めません!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by border72 | 2017-11-06 06:18 | 京都 | Trackback | Comments(2)

Illusion on the Borderline @へなちょこ魔術師のブログPart IIです。引き続き皆様のご愛顧を願います。多忙につき更新頻度落ちるかもですがコメント・リンク大歓迎。画像はクリックで大きくなります。


by へなちょこ魔術師