人気ブログランキング |

Illusion on the Borderline II @へなちょこ魔術師 Illusion on the Borderline @へなちょこ魔術師のブログPart IIです。引き続き皆様のご愛顧を願います。コメント・リンク大歓迎。

ROBOT CLEANER

d0351122_16531875.jpg

 ロボットクリーナー市場はここに来てバリエーションと性能の幅がぐんと広がりましたね。もちろん価格も十数万円台から数千円台まで実に様々です。
 さて、私の職場に導入されたこのロボットクリーナー君はもちろん一番チープなタイプなんですが、ネット上ではなかなかの働き者と評判もよい「ツカモトエイム ミニ ネオ AIM-RC03」。

 このロボットクリーナー君、実にシンプルです。インターフェイスにあるスイッチの類いは電源のオンオフと充電用の穴のみ。で、あらかじめプログラムされている動きはグルグルとまっすぐと壁づたいの3種類。筐体が小さいこともあって、事務机の下であろうが、プリンター台の下であろうが、どこへでも果敢に潜り込んでは掃除をしてくれます。ただし、ゴミを発見してそれを取りに行ったり、一度掃除したところは避けるなどという高度なことは当然できません。
 それから落下防止センサーは着いているのですが、壁などにぶつかる寸前にターンする高等な機能はもちろん付いておらず、障害物に突き当たると方向転換するようにできています。したがって彼はハードワーカーであるとともに、あちこちにゴツンゴツンと当たるハードパンチャーでもあります。(笑)
 また、4時間の充電で約50分間稼働するのですが、果たしてこれで働き者と言えるのかどうかわかりません。もちろん、充電が切れそうになると勝手に充電装置まで帰ってくるという離れ業もできません。充電が切れるとその場で停止。赤ランプを点滅させながらピーピー鳴いて、誰かが救出に来てくれるのをジッと待ちます。
 それから、肝心のお掃除機能ですが、ふわふわしたホコリなどはかなりとれます。50分フルに働かせてダストボックスのフィルターをあけてみると、ちょっとビックリするほど。ただし、穴開けパンチからこぼれた丸い紙のゴミなどぺっちゃんこのものは苦手。砂状の粒々した小さいわりに質量のあるゴミも苦手、毛足の長いカーペットの上も苦手なんですよねー。(^^;)

 それでも、このロボットクリーナー君、日頃なかなか掃除の行き届かない物置や機械室などに放り込んでおくと、文句も言わずにせっせとお掃除をしてくれます。また、なぜか女性陣に人気が高く、事務室で動かしていると「カワイイー」だの「いやされる~」だの「こっち来てー」だのと、モテモテ状態なのでありますね。(笑)


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
Slow Shutterはちょっと箸休め。
トラックバックURL : https://border72.exblog.jp/tb/22763676
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by G7_2007 at 2016-01-11 19:37
数千円って、最近のロボット掃除機ってそんなに安いのもあるんですね...
わが家で使えば、数分でワンコの餌食になってしまいそうです!!(笑)
Commented by border72 at 2016-01-11 19:50
G7さん
そうなんです。数千円からあるんです。
ま、機能はお値段候ですが、これで充分と思えればお買い得です。
>数分でワンコの餌食に
面白いですね。ぜひリキとロボットクリーナーの格闘を見てみたいですね。(^^)
Commented by blackfacesheep2 at 2016-01-11 21:08
いわゆるルンバ、って奴ですね。
実際にはいろいろな名称があるのでしょうが、もはや一般名詞化してますねえ。^^
ルンバ、男性だったんだ・・・ま、不器用だし、寡黙だし、男性属性のほうが多そうですもんね。
そりゃ女性陣には受けるでしょうねえ♪
Commented by border72 at 2016-01-11 21:29
blackfacesheep2さん
いわゆるルンバです。一般名詞化してますが、やっぱりあれは固有名詞ですね。
そのルンバのあとを追って、今は実に様々なお掃除ロボットが登場してます。
ま、最も高性能なのはルンバに違いありませんけどね。(^^)
職場の女性陣は勝手勝手にこれに名前をつけようとしてますが、それが不思議なことにどれも男性名称なんです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by border72 | 2016-01-11 16:54 | 小物 | Trackback | Comments(4)