Illusion on the Borderline II @へなちょこ魔術師 Illusion on the Borderline @へなちょこ魔術師のブログPart IIです。引き続き皆様のご愛顧を願います。コメント・リンク大歓迎。

長濱曳山祭 2018 その3 高砂山

曳山祭の第三弾は参番山 宮町組 「高砂山」。
d0351122_18521786.jpg
高砂山は、延享2年(1745)の修理記録がありますので、それ以前に造られたことがわかっています。これは子ども歌舞伎を行う曳山全十二基のなかで最も古い建造となります。
d0351122_18513268.jpg
ちなみに、亭は文化13年(1816)藤岡重兵衛安則の作ですが、その装飾は豪華絢爛。舞台前柱を「雲と垣根に瓢箪唐草」の透彫り飾金具が覆い、
d0351122_18514742.jpg
台輪には半肉彫鍍金の「兎が波上を走る」の飾金具がしつらえられております。
d0351122_18510139.jpg
当時の匠たちのレベルの高さと、それをあがなうだけの財力が町衆にあったことを物語っております。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
続きます。(^^;)


トラックバックURL : https://border72.exblog.jp/tb/26676207
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ericanada at 2018-04-20 11:39
素敵なお祭りですね~。
2枚目は子供歌舞伎に出る子かしら?
こういう伝統をしっかり次世代に引き継いでいってほしいですね。
こういうところに住んで、自分の子を伝統芸能を受け継ぐ人に育て上げたい。
今からでも遅くなければ裏方さんとしてお手伝いしてみたい。
Commented by border72 at 2018-04-21 09:38
ericanadaさん
伝統を受け継いでいくのはなかなか大変でして、ご他聞に漏れずここでも少子高齢化が影を落としております。
シャギリは長浜曳山祭囃子保存会が結成され、現在大人から子どもまで、地域を超えて約三〇〇人が参加しています。
入会希望者は曳山博物館で受け付けておりますので、ぜひ!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by border72 | 2018-04-19 19:04 | 長浜 | Trackback | Comments(2)