人気ブログランキング |

Illusion on the Borderline II @へなちょこ魔術師 Illusion on the Borderline @へなちょこ魔術師のブログPart IIです。引き続き皆様のご愛顧を願います。コメント・リンク大歓迎。

和リンゴの花

d0351122_22064851.jpg
みなさんは和リンゴをご存じでしょうか?この画像は4月に撮った和リンゴの花ですが、ほぼ満開。
d0351122_19133365.jpg
うまくいくと8月にはこのようにほぼ花の数だけヒメリンゴのような小さな小さなリンゴの果実が実を結びます。(昨年8月に撮影。)

和リンゴは私たちがよく知っている西洋リンゴとは全く違う植物でして、日本には8世紀ごろに中国から渡来したと言われます。江戸時代の彦根藩では盛んに作られていたらしいのですが、明治時代に西洋リンゴが入ってきてからは急速に衰退して、絶滅してしまいました。私の住む湖北地方では小谷地区を中心に小谷城主浅井長政の故事にちなんだ 「小谷城和りんごを復活させる会」が活発に活動を繰り広げています。
この会が全国展開している地元の和菓子屋「菓匠禄兵衛」さんとのコラボレーション企画で作った和リンゴジャムは数量限定発売。小谷山近辺の直販所、JR河毛駅などで手に入ります。私も先日いただいたのですが、甘酸っぱくて香りの強いとてもおいしいジャムでした。
あ、菓匠禄兵衛のネットショップでも買えますので、みなさんどうぞお試しあれ。(^^)

トラックバックURL : https://border72.exblog.jp/tb/26755431
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tad64 at 2018-05-07 15:05
和りんごってそんなに小さく可愛いのですね。
しかも白い花が素晴らし美しい、とてもロマンチックに描写されていますね。
チョイと鼻薬かけるとこんなにも美しくなるのですか? 
ちょっとでいいからその鼻薬分けてもらえないでしょうかね???
Commented by okuryunoblog3 at 2018-05-07 18:07
こんにちは。
和りんごというのを初めて知りました。
リンゴって、もともとは日本原産じゃなかったのですね。
古くに渡ってきて、日本のリンゴとして長く伝えられたものが西洋リンゴに取って代わられていましたか。
なるほどです。
可愛らしい実ですね。
オオワシさんの時期にも手に入るのかなあ。
Commented by border72 at 2018-05-07 23:18
タッドさん
和りんごは小さくて可愛いんです。
それ故に商品にしにくくて困るんですよね。
何しろしんを抜いて皮をむいたら食べられるところはほんの一口。
鼻薬?全くかけてませんけど。
Commented by border72 at 2018-05-07 23:21
okuryuさん
そう、和リンゴは外来種に駆逐されたんです。
あ、和リンゴももともと外来種か。(^^;)
オオワシの時期にもジャムは手に入ります。
年中、大丈夫ですよ~。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by border72 | 2018-05-04 22:17 | 自然 | Trackback | Comments(4)