ブログトップ

Illusion on the Borderline II @へなちょこ魔術師

Illusion on the Borderline @へなちょこ魔術師のブログPart IIです。引き続き皆様のご愛顧を願います。コメント・リンク大歓迎。


by へなちょこ魔術師
プロフィールを見る
画像一覧

激痛悶絶

d0351122_10293432.jpg
昨日は朝から急に左横腹が差し込んできまして、何をしても治らないどころかだんだんひどくなり、「イタタタタッ…。」と言ってる間に次第に脂汗と吐き気が。(^^;)
悶絶しながらしばらくベッドでがんばっていましたが、いよいよ我慢も限界に達して、とうとう家人に救急病棟に運び込まれました。
クルマのタイヤがアスファルトの継ぎ目を乗り越えるたびに気が遠くなりそうでしたが、救急病棟の玄関に着いた途端にストレッチャーに乗せられて、気づいたときにはとてもチームワークのよいドクターと看護師数人の救急スタッフに身ぐるみ剥がされていて、血圧やら酸素量やらを計られるわ、血液検査の血は抜かれるわ、点滴はされるわのてんやわんやのうちにそのまま検査室のCTの機械の中へ…うーむ。実に手早い。

病名は尿路結石。
これは痛い。とにかく痛いのであります。私も子どもの頃はいざ知らず、長じてからはこれまでそう大きな病気もせずに来ましたので、ここまでの痛さは初体験。
激痛が治まってきてからドクターに話を伺ったところ、治療は基本的に結石の大きさと部位により、クスリを服用しながら自然に尿中に結石が排出されるのを待つか、自然排石が期待できない場合には手術となるそうです。私の場合「CTのスキャン画像によれば結石が二つあって、一つはすでに膀胱に出ているので、おしっこさえすれば体外へ排出されるけど、腎臓の方にもう一つありますねえ。それはいつ尿管に落ちるかわかりません。」とのことでした。

で、取りあえず今日はもうしばらく点滴をして、様子を見て帰りましょうかということになり、ホッとしてうつらうつらしていたら!またまた突然の激痛がーッ。
そう、腎臓にもう一つあった結石が尿管に落ちたのだと思います。一日に2つの結石が立て続けに尿管に落ちるのが珍しいことなのかままあることなのか、私にはよくわかりません。わかりませんが、とにかくもう一度最初から難行苦行のリスタートなのでした。イヤッホーイ!
というわけで、昨日の私は都合6時間以上を呻吟しておりました。波はあるものの、激痛がこれだけ長時間続くと人間相当に体力と気力を消耗するんだということが身をもってわかりました。喉はカラカラ、息は絶え絶え、血圧は激痛に耐えているときは160を超えていました。それから意外な発見ですが、激痛と会話ができる自分がいることにちょっと驚きました。「イタタタタッ。」と唸りながら、痛みに全神経を集中させてこの痛みとどう折り合いをつければいいか、次の傷みがどう出てくるかを全身全霊をかけて感じ取ろうとするんですねえ。これは身体の自己防衛機能でしょうか?(^^;)
ちなみに私が悶絶している間、定期的に血圧を測りがてら様子を観に来られていた看護師さんと家人との会話を漏れ聞いたところによれば、尿路結石の痛みはお産の時の痛みよりすごいらしく、しかも男性の場合は尿管が長いから痛みが長く続くという。また、痛みの波があるのは尿管が他の臓器から出ている管とクロスするところが四カ所ほどあって、そこを石が通るときに激痛が走るとのことです。今回私に使われた痛み止めは点滴に投入するもの、お尻への筋肉注射、座薬と様々でしたが、薬の効き目に5段階あったらしい。で、最後に投入されたのは「麻酔入り」の最高級の痛み止めでした。それを時間をおいて2回投与されましたが、効きませんでした。これ以上行くと次は麻薬しかないそうです。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
いやはや、とんだ誕生日プレゼントでした。



[PR]
トラックバックURL : https://border72.exblog.jp/tb/27149912
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by G7_2007 at 2018-10-08 20:52
あら、それは大変でしたね。
読んでいて、以前に会社の同期が同じ病気でオフィスで悶絶したのを思い出しました...
私はその経験がないのでわかりませんが、めちゃくちゃ痛いそうですね。
どうぞ、お大事になさって下さい!!
Commented by border72 at 2018-10-10 06:59
G7さん
ありがとうございます。
聞いてみましたらいろんな人が「あ、それ俺もやった。」と言われてますね。(^^;)
特に私の住むあたりは石灰質を多く含む伊吹山から流れ出る水が原因で結石ができる人が多いらしいです。
Commented by tad64 at 2018-10-10 09:26
大変な経験をされたのですね。それもご丁寧に続けて二度までも・・・
その痛みのすごさは文章からひしひしと伝わって来ます。私なら耐えられず気絶してしまうかも?
これって環境被害とも言えるのでしょうか? 永い年月の内に石灰が堆積(固まる)しちゃうんですかね。

所でこの日はお誕生日だったのですか? 存じませず失礼致しました。
遅ればせながらお誕生日おめでとうございました♪
(果してこのタイミングとこのような時に言って良いものか???)
Commented by susatan at 2018-10-11 05:23
ぅおお((*_*; 痛かったっしょ~~?
文字を追いかけて どんどん痛みの中に引きずりこまれていきました
最後は ま・・・・・麻薬ですか…

数年前に主人が夜明けに 同じようなことに・・・
彼の痛そうな顔。。思い出しました!!
今頃 そっかー お産よか痛いんかあ…と 納得した次第であります。
どうぞお大事になさってくださいね。
ぇ、、、おたんぜうび…♡  おめでとございまっす^^
Commented by eureka_kbym at 2018-10-11 22:58
数ヶ月前に家人が胆石でした。で、激痛との戦いに入院。乳飲み子がいるので、出産した総合病院だったこともあり、産婦人科の病棟にて、赤ん坊も一緒に入院と相成りました。
そんな自分も胆石がございます。
こちらは医師にほっとけ。もうこの大きさは出てはこれまい。痛みが出たときに切るしかなかろう、それとも今切りたい? 切っとく? と言われ、…いいえ。と答えるしかありませんでした。
飛んだお誕生日でしたね。どうぞお大事になさってください。お産より痛い、というのは、1年前に出産の立会いをした自分にとっては相当に恐ろしい言葉です。

ところで、この写真の構図、見事で惚れ惚れいたしました。
Commented by border72 at 2018-10-12 06:50
タッドさん
ありがとうございます。
そうなんです。続けて二度のダブルヘッダーでございました。
あの痛みのすごさは筆舌に尽くせません。
環境被害と言えるかどうかわかりませんが、我が家の湯沸かしポットはいつの間にかジャリジャリしたのが溜まります。
Commented by border72 at 2018-10-12 06:55
susatanさん
ありがとうございます。
そうなんです。最後は麻薬…らしいです。
あの痛みを止められるなら、麻酔でも麻薬でもっていう心境になりますね。(笑)
で、数年前にご主人も?
おお、同病者ひとりゲットー!(^^;)
Commented by border72 at 2018-10-12 07:02
eureka_kbymさん
ありがとうございます。
そちらは奥様が胆石でしたか。
赤ちゃんも一緒に入院とは、微笑ましいなんて言ってられませんな。
体内に結石ができるのは、何だかんだ言っても日頃の不摂生の賜だそうです。
嫁にボロカスに言われました。(^^;)
>写真の構図
真っ白なクルマにヤモリの赤ちゃんがくっついてたのを撮ったんですが、どう収めたらよいのか悩んだ末の一枚です。(笑)
Commented by ericanada at 2018-10-13 12:19
え~大変なことになっていたんですね。
痛み止めも効かないなんて、恐ろしいです。
麻薬でもなんでも打ってくれ~って私なら叫びます。
全身麻酔。っていうのはダメなんですかね?
ヤモリの写真、かっこいいです!
Commented by border72 at 2018-10-14 08:26
ericanada さん
ご心配をおかけしまして。m(_ _)m
痛み止めが効かなかったというか、あれでも少しは効いていたのかよくわかりません。
痛み止めなしだったらもっと痛かったのかも知れません。
今度なったら試してみます。←(大嘘)
全身麻酔?それいいかも!(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by border72 | 2018-10-08 08:59 | Trackback | Comments(10)